SP経営で、生産性の向上時短、高収益化実現する! 

N%の絞り込み N%の値上げ N%利益増えるとの
仮説検証

「2015年度の日本の時間当たり労働生産性は、OECD35カ国中20位で42.1ドルです。米国68.3ドル、ドイツ65.5ドル、イタリア51.9ドル…」(公益財団法人日本生産性本部労働生産性の国際比較2016年度版から引用)

「日本の企業は顧客の声を聞きすぎる。顧客の過度な要望への対応は、企業を疲弊させ、低生産性の元凶になっている。顧客を神さまと勘違いして、過剰な対応を行うということは、一方で、自社の経営と社員を疲弊させることになる。顧客に提供するサービスの内容と、負担いただく価格のバランスが、国全体として崩れてしまっていることが、日本の生産性を著しく低くしてしまった。【お人好し症候群】が起点となり、【分散症候群】と【安売り症候群】が常態化している。…」

 

上記の仮説を持っています。
SP経営で生産性の向上と時短、高収益化を実現できます。

N%の絞り込みと、N%の値上げで、N%利益が増える!
 …実行してみませんか。

◆勉強会について

勉強会について
 
  

◆情報商材について
  SP経営認定講座集中受講プログラム


 

◆ご質問、ご相談など
 お気軽にお問い合わせください。  


 

◆会社概要を記載しております。
 ぜひご一読ください。  


 

SP経営協会本部

□銀行融資プランナー協会